群馬県桐生市「男気らーめんアカギ」迫力のある豚とゴワゴワ麺のTHE漢のラーメン【G系二郎系】

二郎系
スポンサーリンク
スポンサーリンク

群馬県桐生市「男気らーめんアカギ」は群馬県東部の貴重な二郎系!麺、豚、スープ全てのバランスが良く迫力がある

今回行ってきた店は群馬県桐生市の「男気らーめんアカギ」です。

男気らーめんアカギは2020年10月に同じ桐生市の別の場所にあった店が現在の場所に移転してきたようです。

 

男気らーめんアカギは群馬県の東の桐生市にあり、小山から国道50号を佐野、足利方面へ向かった先にあります。

古河からだと裏道から50号に乗って1時間位。

50号線は新4号と同じでかなりスピードが出るので距離の割に(約50キロ)速く行ける。

感覚的には宇都宮に行くのとあまり変わらないかな。

群馬県は前橋に二郎直系店がオープンしたり、高崎にもインスパイア系の有名店があるけど、東の方はおそらくアカギだけ?なので貴重。

 

男気らーめんアカギのgooglemapのレビューは390件で4.0と高評価。(2022年5月時点)

二郎インスパイア系で4.0はかなりの高得点。

レビュー数が多いのは移転前のレビューを引き継いでいるからかな。

見た感じ、コストが掛かってそうなラーメンだし、まず間違いなく美味いだろうなと思いつつ行ってみました。

男気らーめんアカギの外観、駐車場はこんな感じ

男気らーめんアカギは国道50号を佐野、足利方面へ向かい、小俣あたりで渡良瀬川を渡った先にあります。

あまり目立った飲食店が無い中、突如現れるラーメン店には見えない四角型の建物と広い駐車場。

店の横には待機用の椅子も置かれている。

居抜きというよりは新築した建物なのかな?

看板に描かれているアカギ(赤城山モチーフ?)のロゴがカッコイイ。

駐車場もかなり広い。

 

男気らーめんアカギの駐車場はかなり広い。

店舗の横に第一、第二駐車場があり、合計33台駐められるという地方ならではの広さ。

駐輪場が車と別の場所にあるのも良い。

人気店でこの広さは素晴らしい。

 

店情報

・男気らーめんアカギ

・営業時間 11:00~14:30、17:30~00:00

・定休日 日曜日、第一、第三月曜日

 

男気らーめんアカギ公式twitter

男気らーめんアカギの店内、席数は?

男気らーめんアカギの店内は厨房をコの字型に座席が囲う形になっています。

上の画像の正面が入口で、入ってすぐ左側に券売機がある。

コの字型の一辺は7席になっており、7人分が1ロットになっていて、3辺あるので最大21人まで店内に入れる様になっています。

混んでいる時でも7人1ロットで回しているので回転は早い様です。

満席の時は外で待ち、空いたら店員が案内してくれるのでその時に食券を買うというシステムとの事。

食べ終わったら入口とは別に上の画像で言うと右方面に出口があるのでそちらから駐車場へ出る。

 

自分が行った時は4人体制で営業していました。

空いていたので勝手に席に座ろうとしたら人がいる列に詰めて座る様に言われました。

ルールはルールで仕方ないとは思うけど、座席間はあまり広くないし、アクリル板も無いのでちょっと抵抗感があった。

男気らーめんアカギのメニュー(2022/05時点)5/11~値上げ

・ラーメン豚抜き300g 850円、ラーメン300g 1,050円、ラーメン豚増し300g 1,350円

・汁なし豚抜き300g 850円、汁なし300g 1,050円、汁なし豚増し1,350円

・豚増し100円、つけたま50円、玉ネギ70円、辛ネギ150円、メンマ120円、肉脂50円、チーズ120円、味玉100円

 

2022/05/11より100円値上げ。

元々割と高い部類なんだけど、原材料高騰の影響で100円値上げになってしまった。

ラーメン小200gが無くなった?まぜそばも消えてるっぽい。

以前tweetしてたけど、ガス代がほぼ倍になり、豚も高騰しているので仕方なく豚抜きで以前のラーメン小200g900円より安い値段で出している模様。

豚はせっかく出来が良いので小さいサイズで良いから入れてほしいけどね。

 

https://twitter.com/akagiramen/status/1523825676318838784?s=20&t=S-ktjos2etpBJ5Bo0kCVQg
https://twitter.com/akagiramen/status/1518742779459141633?s=20&t=S-ktjos2etpBJ5Bo0kCVQg
https://twitter.com/akagiramen/status/1524503029986512896?s=20&t=S-ktjos2etpBJ5Bo0kCVQg

 

いやー、原材料費の高騰がヤバすぎる。

ガスの値上げも凄いけど、電気料金もかなり上がってるからね。

アカギの場合は豚がデカイし、スープもかなり濃厚なので特に影響がデカイんでしょう。

 

★2023/02追記

この記事を書いた当時は二郎系の標準サイズで1,000円を超えるのは高い部類だったんだけど、2023年時点では他も大分値上げをしているので割と普通になってきたかな。

スポンサーリンク

男気らーめんアカギ ラーメン 1,050円(300g)はこんな感じ!

男気らーめんアカギ ラーメン300g 1,050円、コールはニンニクのみ。

ヤサイはシャキシャキではなくクタ寄り。

まずぱっと見、スープが多い。

当然だけど見た目は完全に二郎。

レンゲが立ってるのがアカギスタイルらしい。

 

豚はスープに浸かっているので引っ張り出さないと分からないけど、かなり大きい塊が2個入っている。

櫻弐程ではないけど、塊2個は結構なサイズ。

二郎系の中でも大きくてムチムチの豚で味も良い。

 

男気らーめんアカギの麺は自家製麺かな?

若干硬めの平打ちのゴワゴワした麺。

あまり硬めは好きじゃないんだけど、ギリギリオッケーなライン。

ワシワシと食べる感じがまさに二郎系。

麺も美味い方でしょう。

 

アカギのスープは甘みを感じる乳化系スープ。

豚の出汁がめちゃくちゃ効いているので、相当コストが掛かってる感じがする濃厚さ。

しょっぱすぎる事もなく丁度良い。

この豚の出汁の濃さ、しょっぱすぎない感じは二郎系の中でも上位クラスの完成度でしょう。

ニンニクを溶かしてもそれほどジャンク感は感じない。

色んな意味で丁度良いスープ。

 

トッピングコールはこんな感じ。

ヤサイ、アブラはコールしなくても入っている。

全て普通の場合は「そのままで」とコールする。

ニンニクを入れたい時は「ニンニク」と言えば良い。

量を変えたい時は「ニンニク少なめ、増し、多め」で調整する。

卓上の調味料等はこんな感じ

卓上の調味料は胡椒、唐辛子、カエシ、酢が置いてある。

一般的な調味料。

スポンサーリンク

男気らーめんアカギ ラーメン1,050円(300g)の評価は?

とにかく原材料費が高そうだな!と思える高級系二郎といった感じ。

完成度は群馬全体でもトップレベルなんじゃないかな?

 

二郎系の店でスープをケチるとか、薄い店は結構あるんだけど、

アカギの場合はスープを惜しげもなく多く入れているし、豚のサイズ、豚の出汁の効き方、しょっぱすぎない味の調整が素晴らしく、絶対コスト掛かってるよなって思う。

麺もムチムチゴワゴワで食感が良い。

もうちょっと柔らかかったらもっと好み。

 

しかし、原材料費が掛かってるのは分かるんだけど、ちょっと値段が高すぎる。

本物の二郎は安い分、化学調味料で誤魔化してる所があるんだけど、アカギは化学調味料に頼らずガチのラーメンで勝負してる感が凄いのでその分値段が上がるのも分かるけどね。

他店も何れ値上げはすると思うけど、コスパも含めたバランスだと埼玉の藤ろうクローバー久喜西口店の方が上かな。

googlemapのレビューは390件で4.0とかなり高い(2022/05時点)

ラーメンの完成度は本物の二郎と競える所か、超えるレベルの完成度と高級感がある。

なのでこのスコアは納得。

しかし、その分コストを掛けすぎている感じがするので、今後値上げが続くと客離れがおきるかもしれない。

値上げ前の950円でも相当高い部類だし、田舎だから尚更。

幸いライバル店が近くにないから良いけど、ジャンガレみたいな味はともかく量とコスパで勝負みたいな二郎モドキが近隣に出来ると危険かも。

豚のサイズを小さくするとか、スープを減らすとか、原材料費のコストを下げたりして、豚入りの標準的なサイズのラーメンを1,000円以下にしないと今後は厳しいんじゃないかな。

いつかあるだろうなと思っていた店主の嫌味tweet

そのうちプチ炎上して消しそうだからスクショしとくけど、店主相当ストレス溜まってそう。

美味いと褒めてる上に1,770円分も食ってる上客に対してこの嫌味。

リプ欄で怒ってませんよアピールもしてるけど、こんな嫌味を平然と書くなら相当性格が悪い。

 

「値段こそするもののそこさえ目を瞑れば」という部分が気に食わなかったんだろうけど、

素人のくせにウチがどれだけ原価が高くて光熱費も高いの分かってんのか?って事が言いたいのかな。

儲けが薄くてイライラしてるなら好きなだけ値上げすりゃ良いと思うけどね。

それで客が離れるならそういう事だろうし。

二郎系はコスパが良いというのが一つのポイントになってるから、他と比較して高ければそう言われるのは仕方ないでしょう。

ラーメン業界の問題みたいな事も言ってるけど、要するに「ラーメンは安い食べ物だって思われてるけどそんな事はない」って事なのかね。

実際、海外だと一杯3,000円とかになってる国もあるけど。

それなら、コスパにうるさい二郎系を辞めて高級オシャレラーメン店にでもしたら良いんじゃないですかね。

速攻潰れると思うけど。

アカギは無駄に店員の人数が多いなって思ってたけど、人件費を下げないというのは店主の美学・男気なんだろうけど、それによるストレスを客にぶつけるのは違うと思う。

男気らーめんアカギの住所、営業時間等

■男気らーめんアカギ

■住所 群馬県桐生市境野町2丁目613-14

■営業時間 11:00~14:30、17:30~00:00

■定休日 日曜日、第一、第三月曜日

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました