【2020年2月キャンペーン】PayPay残高での支払いで40%戻ってくるキャンペーンをすき家で利用してみた!

PayPayのキャンペーンは実用的でとても良い!

https://paypay.ne.jp/event/restaurant/

 

キャンペーン名:対象の飲食店ならPayPay残高でのお支払いで40%戻ってくる!

(キャンペーン名がこれでいいのか謎)

 

PayPayは毎回お得なキャンペーンをやっているので、キャッシュレス決済に不安がある人でもこの機会に使う事をオススメします。

今回は外食店メインですが、以前スーパー等も対象になるキャンペーンもあったし、キャンペーンがなくでも現金で買うよりお得になるので損は無いです。

 

※2020年2月時点では楽天Payが様々な店舗で5%還元になるキャンペーンを行っているのでそちらの方が更に良いです(自分の場合はベイシアで使える様になったので使い始めました)

 

2020年2月のPayPayキャンペーン内容

通常のPayPayユーザー:40%付与

Yahoo!プレミアム会員:50%付与

 

PayPay残高から支払う必要があるのでキャッシュカード支払いは対象外になっています。

これまでは通常ユーザーとYahoo!プレミアム会員で結構差があったイメージですが、今回は1回の付与が10%多いというだけで、合計付与額は同じ1,500円なので全く気にならない差でしょう。

 

2020年2月のPayPayキャンペーン対象店舗

 

今回はすき家、松屋、吉野家、日高屋、はなまるうどん、サンマルクカフェ、サーティワンアイスクリームと日常的に利用しやすい店舗が対象になっています。

牛丼店は個人的に利用しやすいのでとても良い感じ。

日高屋は店舗数が少ないのが弱点。

Coke ONでも使えるので最後の調整にも使えるでしょう。

 

2020年2月のPayPayキャンペーンのポイント

・付与上限500円相当/1回、1,500円相当/期間

1回あたり最大500円付与なので40%戻ってくる場合は1,250円の支払いなら500円分戻ってくるという事。

2/1~2/29まで付与上限1,500円相当なので合計3,750円で5,250円分の支払いが出来るというイメージ。

 

・すき家をベースに考えるなら

すき家の牛丼並ランチセット(税込500円)が1回200円還元なので、300円で7回食べられるという計算。

最後の1回は400円ですね。

すき家の牛丼並ランチセット自体が、牛丼並、サラダ、卵、味噌汁で税込500円と良い感じのコスパになっているので更にお得感が増すので良い感じです。

 

さっそくすき家でPayPayのキャンペーンを利用してみた!

すき家でオススメしたいのは「牛丼並ランチセット(税込500円)」です。

いつから始まったのかは知りませんが、いつのまにかかなりお得なランチが始まっていました。

 

すき家のサラダは割と量が多いしブロッコリーも入っているので好き。

ドレッシングが3種類使えるのも良い。

これで500円(税込)は頑張ってるなあと思います。

すき家はバイトの時給も高いので薄利多売で大変そうですね。

 

PayPayで支払うとこんな感じに還元(付与)される

すき家の場合は店舗によって違いがありました。

PayPayのバーコードを店員がスキャナーで読み取る場合と、自分でスキャナー部分にバーコードを当てる(スマホの画面を下に向けてスキャンさせる)店舗がありました。

 

また、すき家はポイントカードにも対応しています。

楽天ポイント、dポイント、Pontaに対応しているのでポイント還元で地味にお得になります。

 

支払い後のPayPayの還元(付与)はいつ?

お支払い後にPayPayボーナスが付与されない

https://paypay.ne.jp/help/c0089/

 

PayPayで支払い後の還元(付与)は「支払いの翌日から起算して30日後」と書かれています。

支払い直後に還元(付与)されるわけではないので注意して下さい。

 

今回のキャンペーンページの下にある「よくある質問」にも同様の事が書かれています。

https://paypay.ne.jp/event/restaurant/

 

【2020年2月キャンペーン】PayPay残高での支払いで40%戻ってくるキャンペーンをすき家で利用してみた!まとめ

今回のキャンペーンは牛丼店等で外食をする方は絶対に利用した方が良いです!

PayPay残高は銀行口座を登録する事で手数料無しですぐにチャージ出来るので使い勝手はかなり良いです。

 

キャッシュレス決済は今後、普及する未来しかないのでどんどん使って得をしていきましょう。

おそらくキャッシュレス決済は最終的に淘汰されて2~3種類位になってもおかしくないけど、そうなるまではキャンペーンで客の奪い合いが発生してユーザー側としては得をしやすいので上手に利用しましょう。