火の豚久喜店は激ウマ二郎系!蒙古タンメン中本と融合したフュージョンを食べてみてほしい!

二郎系

蒙麺火の豚 久喜本店は埼玉北部最強レベルの二郎系!蒙古タンメン中本風の辛口麻婆餡の乗った「フュージョン」が人気

今回は、久喜の名店「蒙麺 火の豚 久喜本店」を紹介します。

火の豚は開店当時から定期的に通っているので今更感が凄いですが、更新をサボっていただけです(笑)

 

火の豚の特徴は何と言っても「二郎系ラーメン」と「蒙古タンメン中本」を合体させた新感覚ラーメン「フュージョン」という他では食べられないメニューがある事です。

 

フュージョンの見た目はそのまんま、二郎系ラーメンの上に中本の様な辛口マーボー餡が乗っているというもの。

火の豚の二郎系ラーメンの出来はかなり良いですが、中本のような辛口マーボー餡が乗る事で、辛さも加わって他では食べられない独特のラーメンになっています。

「蒙麺火の豚 久喜本店」の外観、駐車場はこんな感じ

蒙麺火の豚 久喜本店は、JR幸手駅から徒歩15分位(googlemapによると900m)の場所にあります。

店の前に駐車場があり、11台駐車可能になっています。

 

11台はあくまで最大です。端は軽じゃないと駐められない位狭いので普通車は8台位でしょう。

土日祝日は時間帯によっては満車になっている事が多いので注意。

平日はまず大丈夫じゃないかと思います。

駐車場にはラーメン日本一決定戦決勝出場店という紹介と野菜増量についての説明があります。

「二郎系 x 蒙古系 奇跡のフュージョン」が最大の特徴。

 

店情報

・蒙麺火の豚 久喜本店

・営業時間 ランチ11時半~15時 ディナー17~22時(LO10分前)

・定休日 無休

 

緊急事態宣言期間(2021年1月12日~)

11時30分~夜20時まで(LO10分前)の通し営業中。

 

火の豚 久喜本店 公式twitter

「蒙麺火の豚 久喜本店」の店内は?

火の豚 久喜本店の店内はこんな感じ。

入ってすぐの所にカウンターが8席ほどある(現時点では1席ずつ空ける形なので4席分)

右奥は座敷席が2つ、左側にはテーブル席が4席となっています。

最大で20人位入れる感じ?そこまで入っている所は見た事ないけど。

 

店員は2~3名体制。

挨拶がしっかりしているのでこういう所も火の豚が好きな理由です。

googlemapのレビュー欄では店が汚いだの何だの書かれているけど、決してキレイとは言わないけど、元々オシャレ系ラーメン店じゃないし、この位は普通でしょう。

 

不味いという人がいるのは好みの問題なので仕方ないけど、味が濃いとかアブラが云々は二郎系のジャンクなラーメンが売りの店に言う事ではない。

接客は他の二郎系や本店と比較して火の豚はしっかりしてる方なので、文句があるなら幸楽苑みたいなチェーン店に行けば良いだけ。

 

カウンターの上には大喰い系Youtuber等のサインが沢山飾られている。

デカ盛り番組等でも紹介された事もある店。

「蒙麺火の豚 久喜本店」のメニューは?(下の画像は2020年のもの)

↑この画像は2020年に撮影したものなので2021年は変わっている可能性があります

 

火の豚の自販機は店に入って左側にあります。

2021年1月に行った時は、札を入れる所が故障中で横に1000円札の両替機が置いてあります。

(5,000円、10,000円札は店員に両替してもらいましょう)

 

全て税込価格。

・ラーメン 700円(おそらく300g)

・フュージョン 800円 (おそらく300g)

・まぜそば 700円

・つけ麺 750円

・限定 850円

他にも色々あり

 

無料トッピング

ヤサイ、アブラ、ニンニク

フュージョンの麻婆餡は別皿にする事も可能

 

テイクアウトメニューもある。

「蒙麺火の豚 久喜本店」は「限定」が定期期に変わるのが面白い

850円の限定が毎月何回か変わります。

過去の人気メニューだったり、実験的メニューだったりと面白いのでつい食べに行ってしまう魅力がある。

 

2021年1月の限定メニュー「汁なしII」

2021年1月の限定メニュー「汁なしII」が結構美味かったので紹介します。

オプション無しで全マシで注文。

 

かなりジャンクな一品。

黒胡椒、イカ天スナック、カラシマヨ、ニンニク、アブラ、鰹節、辛子高菜が乗っている。

辛子高菜が良いアクセントになっていて好みでした。

イカ天スナックもジャンク感を上げています。

 

豚はこんな感じの良い出来。

 

汁なしに辛子高菜!

最初、合うのかな?と不安だったけど、良い感じに合ってました。

美味かったです。

 

火の豚は限定が色々種類があって楽しい。

オプショントッピングでアレンジを加えられるのも良い。

こういう所も人気の理由でしょう。

火の豚のメイン商品「フュージョン」はこんな感じ

二郎系ラーメンの上に乗った蒙古タンメン中本風の麻婆餡!

まさに「フュージョン」した完全体みたいな風貌。

 

麻婆餡は結構辛いので、辛さが苦手な人にはあまりオススメしません。

私も辛いのはあまり好きではないので、フュージョンはあまり食べません。

二郎系ラーメンを食べるというより辛さが勝ってしまうので、あまり二郎を食べているという感じはしないですね。

 

なので、個人的には普通の「ラーメン」をオススメしたいです。

二郎系としての完成度はかなり高く、本家と比較してもそれほど劣らないレベルだと思います。

(ただし野菜マシをするとスープが薄くなってしまうので注意)

野菜マシをしなければ丁度良い感じに最後まで美味いのでおすすめ。

しかもラーメンは700円と高コスパなのも凄い。

「蒙麺火の豚 久喜本店」まとめ

・辛いもの好き、中本が好きなら「フュージョン」

・二郎系が食べたいなら「ラーメン」

・変わったラーメンが食べたいなら「限定」

がおすすめです!

 

今回は紹介していないけど、まぜそばも高レベルなのでおすすめ。

個人的に埼玉北部では最強レベルの二郎系の店だと思っています。

今後も定期的に通うでしょう。

蒙麺火の豚 久喜本店

■蒙麺火の豚 久喜本店

■住所 埼玉県久喜市栗原3丁目2-1

■営業時間 ランチ11時半~15時 ディナー17~22時(LO10分前)

■定休日 無休

緊急事態宣言期間(2021年1月12日~)

11時30分~夜20時まで(LO10分前)の通し営業中。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました